レイクフォレストリゾート::つばや菓子舗

つばや菓子舗

かたやき通販 せえくろ餅でおなじみの

敬老の日に紅白饅頭をたくさん納品させていただくために、ここ数日ブログの更新ができませんでした。
15日に久々に外へ出ましたが、近所でヒガンバナが咲き始めていました。

さて、本題
夫婦そろって毎日家で和菓子作りをしているために子ども達を何処にも連れて行ってあげられないので、15日の午後から16日にかけて京都府の南端に位置するレイクフォレストリゾートに行って来ました。

カメラはコンデジを家内が持っていましたが全く撮影していません(^_^;)
で、京都・・・と言っても、レイクフォレストリゾートがあるのは京都府相楽郡南山城村という所で、我が家から車で名阪国道を奈良県方面へ20分あまり走り、そこから高山ダム方面へ20分ほどで到着です。

この日はあいにくの雨模様でしたが、子ども達の遊びの目的はレイクフォレストリゾートにある室内プールなので雨は関係ありません。

しかも、この場所を選んだ理由はコテージ一棟貸しプランという格安泊まりがあるという事で、この日はイタリアンコテージが12000円(別途リネン:寝具代1000円/1人)。ここを友人家族と一緒にシェアしてしまおうという計画です。夕食は+5000円/一人で焼肉本格コース。朝食はバイキング形式で1260円/1人。以上の料金合計は41,040円、大人4人で割ると一泊10,260円(夕食・朝食、温泉:大浴場付き)です。
ここに2人の4歳、5歳児の料金が各、寝具代1000円、夕食は大人の分を分け与え0円、朝食840円で一人当たり1840円でした。
3才以下で添い寝する場合は無料です。
アメニティグッズは一通り付いていますので着替えさえあればOKです。

チェックインは15時。本館ロビーの受付でコテージの鍵を貰います。そしてコテージには自家用車用の駐車場がありますが、フロントへ内線一本でマイクロバス(ワゴン車)が本館との間を送迎してくれます。

今回のコテージタイプはイタリアン。部屋に入ると玄関から巨大なリビングスペース。ここには、デスクワーク用のデスクと椅子、そしてテーブル+ソファベッドが2つと小さなテレビが1台。冷蔵庫(空で自分で持参したものを冷蔵・冷凍できる)に湯沸しポット、セルフのお茶、湯のみ、グラスが完備。
そしてドアの向こうには応接と書かれた広い部屋があり、そこにはセミダブル?のベッドが2つ。その隣には10畳?ほどの和室があり、押入れには布団がいっぱい。
独立した洗面所があり、トイレはウォシュレット。風呂は無く、シャワールームが付いています。
窓の外には池があり、その向こうにはゴルフ場の芝が見えます。ただ、部屋の照明が少なくかなり照度が低め。

コテージに自家用車で乗り付け、荷物を置いていざプールへ!プールへは内線で呼んでおいたマイクロバス送迎で行きます。

で、室内プールは本館横の建物にあり、利用料金が大人1200円、子ども600円(9/15日)
私たちは16時以降にプールに行ったため、トワイライト料金で大人500円、子ども250円でした。貸しバスタオル付きです。
プール利用後に温泉にも入る旨を受付で伝えたら、温泉大浴場のロッカーキー、そして入浴用のタオルとバスタオルをさらに1枚ずつ貸してもらえました。

大浴場ロッカーで水着に着替えプールへ!
25mプールは5コースあり、水深60cmほどの子ども用の小さなプールも併設されています。
なぜかジャグジー風呂もあります。さらに打たせ湯?のような場所もあります。
でも、受付で聞いていた貸し浮き輪やフロートが何処にもありません・・・私の子ども達は浮き輪持参でしたが友人宅は貸して貰えるのをアテにしていただけにガッカリです。

温水プール・・・・でも温度が低かったんです。この日の気温が低かったせいかもしれませんが、プールで10分ほど遊んでいると子ども達の唇が見る見る間に青くなってくるのです。
あ、ジャグジーバスはそのために?と思い、子ども達を連れてジャグジーバスで休憩。体の芯まで温まります。
これを繰り返し、17時30くらいまで浮き輪を貸しあいながらプール遊びをしました。

そして大浴場へ・・・お風呂のお湯は子どもでも入れる温度でよかったのですが、身体を洗う場所に行くと普通あるはずの鏡が一切無いんです・・・そしてシャンプーが・・・洗うと髪がギシギシになってしまいます。リンス(コンディショナー)必須です。
家内と友人の奥さんは岩盤浴(ゲスト料金2000円が宿泊客1200円/1h、これが夕方料金1000円だったそうです)に行っていたため野郎2人で子ども達3人の相手をしていたために、あわただしい入浴でした。

風呂から出てさっぱりしたところで、夕食!5000円/一人を払って焼肉本格コースをチョイスしているだけに楽しみです。
ホテル本館内にある「焼肉 伊賀」という所での焼肉タイムだったのですが、普段伊賀牛の味や松阪牛の味を知っている私たちには「・・・・?」というお肉でした。店の給仕をしてくれていたオバちゃんに「この肉って何処のものなの?」と聞いてみると「詳しくは分からないけど伊賀肉じゃない」とのこと・・・どうりで・・・そして子ども達のために先に運んでもらった大人のコースに含まれているライスも、伊賀米を普段食べている私たちには「・・・・・もう何処の米でもいいけど・・・・アカンなぁ」と全員一致(~_~;)

しかし、集まった大人4人が全員酒飲みで、気が付けばラストオーダー(食事)まで飲んでしまい、飲み代だけで10000円近く飲んでしまいました(^_^;)
部屋に帰ればここに来る前に仕入れてきた酒が部屋の冷蔵庫で冷やしてあったんですけど・・・(^_^;)

で、ホテル本館のフロントでコテージへ帰るマイクロバスを出してもらいました。
部屋に戻るとお酒タイム第二弾。子どもたちは、ベッドで大騒ぎ・・・そこで友人が持参したポータブルDVDプレイヤーで映画鑑賞。
ここからは、三々五々眠くなった者が寝るという自然の摂理で・・・・

翌朝は遅めの朝食。ホテルの送迎バスで本館へ向かい、バイキング形式の朝食。
可も無く不可も無く・・・でも和食用のお茶が爽健美茶って・・・はぁ・・・私、これ嫌いなんです。

で、食後は送迎バスでコテージに戻り、普段はできない事・・・チェックアウトの11時までテレビを見てゆっくりすごしました。
遅い朝食だったので昼食はとらずに伊賀へ戻りました。そして某所のカラオケボックスで一うなり!(^_^;)
事前の天気予報も雨でしたし、朝は雨だったので、カラオケしか思いつかなかった(^_^;)

その後は明日からの自宅での生活のために食料品の買出し(いつもの定休日パターン)でした。
| 五代目の独り言::雑記 |
| 08:46 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント



コメントする











https://blog.tsubaya.com/tb.php/130

トラックバック