WALL・E/ウォーリー::つばや菓子舗

つばや菓子舗

かたやき通販 せえくろ餅でおなじみの
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の定休日は、近所の映画館でWALL・E/ウォーリー(ウォルトディズニー/ピクサー)を観てきました。
12/5日に封切られたこの映画、未来の荒廃した地球を掃除するだけの役割を与えられたポンコツ(?)ロボットのWALL・E/ウォーリーが主人公。
このウォーリーがゴミを集めているうちにいろんな人間の残したものを自分の宝物にして・・・それらが彼の感情に・・・
そんなある日、謎の宇宙船がやってくる・・・その宇宙船には洗練されたフォルムのロボット:イヴが・・・ここから純情なウォーリーの片思いのラブストーリーが始まるのですが、これがまぁホントに「スゴイ」んですよ。
何がって・・・
先割れスプーンを拾ってきた時の事やウォーリーが一日を追えて眠りに付くシーン・・・特にイヴの乗った宇宙船が地球に降りて来た時のロケットの着陸時の爆風の真下に居たウォーリーが取った行動なんか私はもう大爆笑!
ウォーリーやイヴたち登場するロボットやゴキブリ君の「しぐさ」が見ているだけで顔が「にんまり」「ほころん」でしまったり、「おいおい」と突っ込みをいれたくなるときがあったり、製作したピクサーのスタッフたちの愛情がすごく伝わってくるんです。

ストーリーは、予告編を見ていると・・・そのまま・・・いわゆるネタばれの状態でして、ストーリー自体は劇場で見ても新鮮さはあまり感じません。

しっかし、今回の映画のCGは、SF好きな私には、非常にすばらしく映りました。ポンコツロボットのウォーリーと最新っぽいイヴの対比もさることながら、CGでの爆風の表現力やイブの飛行する際の音速を超えた時の表現、宇宙船、地球の大気圏を取り巻くデブリ、宇宙空間などの細かい描写は、もうゴメンなさい!というくらいにスゴイです。

6ヶ月ぶりに劇場に行って、ホント、見て良かったぁ?!と大満足な映画です。
いやホントに!お金があれば、もう一度子ども達を連れて観たい!と思うくらいです。
ストーリーが明快なので3歳の子どもでも十二分に楽しめると思います。でも、上映時間が長いから映画前には、トイレ必須&水分をあまり取らずに挑んだ方が良いでしょう!(上映時間は長くても観ていると時間は感じずにあっというまに過ぎていきます。)
DVD発売時には必ず買います!

そういや、今までピクサーやドリームワークスってCGオンリーでの映画で未来都市やロボット、宇宙や宇宙船という「SFの王道」的な映画って作ってなかったんですよね。
しかし、このウォーリーはその王道で真っ向勝負!今までのCG技術の集大成というか、CGをパソコンなどで描いた事のあるものにとってピクサーの表現力の凄さを、またストーリーに対する出演者の愛情がすごく表現として伝わってくる映画だと思います。
ウォーリー最高です。
ぜひご家族で劇場で観て来てください!

そうそう、今回のウォーリーが始まる前に、ピクサーの短編映画がオマケ上映されていたのですが、これが大爆笑!
マジシャンとそのマジシャンが使うウサギが繰り広げるコメディなのですが、むちゃおもろいです。
上映開始時間には必ず間に合うように劇場の椅子に座っていましょう!

以下は余計かもしれませんが、伊賀のジストシネマ津ワーナーマイカルシネマズ鈴鹿ベルシティのそれぞれが吹き替え版だけで字幕版がありません。
今までは洋画は字幕で!と思っていましたが、観ていて気になりませんでした。ま、子どもと一緒に観るには良いかもです。
| 五代目の独り言::映画 |
| 10:21 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント



コメントする











http://blog.tsubaya.com/tb.php/199

トラックバック