日産セレナ(C25初期型)のブレーキ音成り::つばや菓子舗

つばや菓子舗

かたやき通販 せえくろ餅でおなじみの

先日の写真に写っている日産セレナは、ディーラーの代車で私のではありません。
私のセレナは、1泊2日でブレーキの音成り調整のためにディーラーに入院していていました。
今回はセレナのブレーキ音成りについてとマイナーチェンジ前と後のセレナの違いをレポートします。
今回のセレナの入院は、6月の12ヶ月点検の時からの懸案事項だったもので、今回の6ヶ月点検で完治できなかったという事から、ディーラーから調整させて欲しいので2日間預からせて欲しいと言われたのです。
(12月のリコールもこの時に対応済み)
この時、代車を出してもらう際に「チャイルドシートが2つ後部座席に着けられて、商売用の荷物が積める事ができる車を貸してください」と事前にお願いしていたら、今回のセレナが代車として用意されていたのです。
(日帰り入院時はマーチ、ティーダ、キューブでした。)

そうそう、私のセレナは6月に購入したので、6ヶ月点検はいつも12月。
この時に、スタッドレスタイヤ(ホイール付き)の交換をいつもお願いしているのですが、4本交換して1000円!
通常なら1本1000円ほど請求されるのですが、点検でブレーキ周りを清掃点検するためにノーマルタイヤを取り外すので、手間が省けるために大幅なディスカウントになるようです。

で、私のセレナはC25初期型で、マイナーチェンジ後のセレナで20Sの試乗車のようでした。
でもオプション類は何も付いていない状態。
カーナビ部分はカーナビのイメージ写真のようなものが、はめ込まれているだけでカーステレオすらありません。
ラジオも聞けません。したがって時計もありません。

今乗っているセレナ20Gと違う点はグレードが違いますが、共通部分で気づいた点を・・・

1.ドアミラーにサイドターンランプが内臓・・・マイナーチェンジ前はオプションだった。
2.マルチリフレクターヘッドランプ・・・前はそんなハイカラなものじゃなかった?
3.ダッシュパネルの形状が変わった・・・どうでもいい?
4.エアコンパネルが変わった・・・前モデルのほうが単純明快?
5.スピードメーターなどの形状が変わった・・・前モデルはスピードメーターがでかかった。
6.メーターの発光が昼間でもやたら明るい。このためヘッドランプ点けたっけ?と勘違いした。
7.水温計が付いた・・・前は冷えている・熱すぎるの警告ランプのみ
8.燃料残量計+航行可能距離表示が出る!・・・これは欲しい機能です。最近の他の日産車にも標準で付いているそうな・・・
9.シートファブリックがビロードっぽい手触りのもの・・・長女がチュルチュルしてて気持ちイイ?を頬擦りしていました。
10.ハザードランプの出っ張りが少なく、押しづらくなった
11.フロントガラスのルームミラー裏部分の遮光処理が無くなった
12.ホーンの音が良くなった・・・前の物は豆腐屋のラッパのような音(当然変えている)
13.インストセンタートレイに照明が付いたが、フロントルームランプ付近にあった夜間照明が無くなった

少し変わっただけかな?と思っていましたがけっこう違っているものです。
カタログを見ればもっと違いがあるのかもしれませんが、これくらいにしておきます。

で、ブレーキ音成り問題ですが、後輪から聞こえていた「キー」という音は、ブレーキパッドやピストン周りの整備、稼動部分のグリスアップなどのおかげで無音に戻りました。(来年6月に初車検ながら今回は無償修理でした)
が!持ち込み時に気になり始めていたフロントブレーキから聞こえていた「キィ?」音が、今回の清掃、調整だけでは消えていませんでした。パーツ交換が必要かも?ということです。
春のタイヤ交換(スタッドレス→ノーマル)を兼ねてフロントブレーキ周りの整備かな?
| 五代目の独り言::雑記 |
| 11:14 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント



コメントする











https://blog.tsubaya.com/tb.php/207

トラックバック