Kenko KF-001::つばや菓子舗

つばや菓子舗

かたやき通販 せえくろ餅でおなじみの
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

KF-001元箱
DR-6の代わりとなるKenkoアングルファインダーKF-001が手元にやってきました。
発注から3営業日でカメラ屋に入荷、自分の店の都合でその翌日に受取完了でした。
価格は常連特別価格で8500円。安く購入できました。

結局、この日はNikon純正DR-6の未修理返却は店頭に戻らず。後日受け取り。
KF-001がやってきたものの、実際には・・・
開封
ということで、さっそくアングルファインダーKF-001を開封。

同等品のRowa(こちらは2倍)の物にはソフトケースが付属とのことですが、KenkoのKF-001には付属せず。
アイピースアダプタの適合機種についてはこちらのHPを参照していただくとして、実際に私が使ってみて感じた事は・・・


うーん。。。先に結論を書くと、純正のDR-6を知らない人には「アングルファインダーってこんな物」。
DR-6を使った事のある人には・・・・ま、せっかくなのでKF-001実体験レポートです。

まず、1年保障があることだけを確認し、
取り扱い説明書
取扱説明書も見ずにアイピースアダプタを確認。
アイピースアダプターず
ちゃんとNikon用があったので、D200に装着しているNikon マグニファイングアイピース DK-21Mを取り外し、
D200接眼部
Kenko KF-001用のアイピースアダプタを装着
Nikon用アイピースアダプタ装着
ご本尊であるKF-001を袋から取り出し、
KF-001本体
2.5倍の切り替え品である事を確認。
1倍と2.5倍の切り替え表示
で、D200に取り付けてみた姿がこれ
D200に装着
360度12箇所で止まる
左にKF-001を回すと、スーッと鏡胴が回るのではなく、カチッ、カチッと30度ずつ止まるんです。
ま、この機能に関しては「ふ?ん、そうなんだ」といった感じでした。

更に左へ
さらに30度左に・・・合計60度左に回したところ。
で、90度・・・下に向けてカメラ本体も下に向けてもアングルファインダーKF-001は脱落する気配も無く、カメラにくっ付いたまま。
「おおお!」Nikon純正品DR-6には無かったこの感覚!
これでカメラから脱落してアングルファインダーを落下させる心配がなくなった!
と私は素直に喜びました。

取り外すとアダプタごと取れる
で、アングルファインダーKF-001をカメラから取り外そうとすると・・・
アイピースアダプタごと取れました。ま、こんなもんでしょう。

で、実際にKF-001を通してファインダーを確認すると・・・

ここから問題が発覚!!!

「え?なんで?」今装着しているレンズはF2.8のTamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1(Model 272E) 。
なのに、なんでこんなにファインダーが暗いの!?と思い、KF-001を外して覗いて見ると問題なし。
そうなんです、KF-001はレンズが暗いんです。
ここの掲載文では「少々アンバー方向の色みがある」と書かれていましたが、明らかに暗いんです。
高光度の被写体であれば問題ないのかもしれませんが、日陰にある物とかだったらかなり判別に苦労しそう・・・
PLフィルターやNDフィルターを付けていたら・・・見えるのかしら・・・

こんな値段なんだからレンズが・・・なぁ・・・と妥協せずにいられないみたいです。

そして、さらに困ったことが・・・
それは、このアングルファインダーには、倍率変更機能が付いていて、1倍と2.5倍に切り替えられるのですが、1倍で視度調節をしていても、2.5倍に切り換えるとファインダー像がピンボケになってしまうのです。
そうなんです倍率切り替えごとに視度調整をしなおさないと使い物にならないのです。
「あれ?おかしい!」と思って、2.5倍で視度調整して1倍に切り替えても結果は同じで、切り替えるたびに視度調節をしなくてはなりません。これでは1倍と2.5倍の切り替え機能の意味が無い・・・・
こんな現象はNikon純正のDR-6には無かったことです。

「読まなくていいや」と元箱に戻していた取扱説明書を良く見ると・・・・
さりげなく・・・いや堂々と!
「倍率を切り換えた時、視野が不鮮明になる場合は、再度視度調節リングを回して調節・・・」

ってKenkoさん確信犯だったのね(~_~メ)


さらにKF-001の接眼部分のラバーが硬い!DR-6に比べて目を接眼ラバーにくっつけて覗き込む事が嫌になるほどです。

でも、この言葉はDR-6を使った事があるからいえることで、最初からKF-001を使っている人には「こんなもの」なんだと思います。
定価で26250円(DR-6)と市場価格10000円程度の物(KF-001・・・シーガル製全部ってことかな?)の差ってこんなにあるんですね。

しかし、いまさらDR-6を修理に出す事もできません・・・
だってDR-6の修理費は、\14690。そして今回買ったKF-001が8500円。合わせると23190円!
DR-6をNikonダイレクトで23,625円で買うのに匹敵してしまうのです!

私が思わず呟いた言葉は「安物買いの銭失いとはこういうことか・・・」でした(~_~;)

とりあえず、情けないですが自分をだましながら2.5倍固定でKF-001を使う事にします。

ま、仕事を頑張って四角いアイピースではなく丸いファインダーのカメラボディを買えばそんな事も言ってられないんですけどね・・・
D700の機能のままでファインダー視野率100%のカメラが欲しい!
しかも安く!
| 風景写真 |
| 11:09 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント



コメントする











http://blog.tsubaya.com/tb.php/154

トラックバック